頭皮に優しい白髪染め!市販のモノがお得?

頭皮に優しい白髪染め!市販のモノがお得?

白髪染めは、ずっと続けていかなければならないものです。

 

仕上がりも気になりますが、コストも重要です。

 

美容室で2〜3ケ月おきに行なうヘアカラーやヘアマニキュアと、市販の製品を使う白髪染めにかかる費用にはどのくらいの違いがあるのでしょうか。

 

白髪染めにかかる費用比較

  1. 美容室のヘアカラーと市販のヘアカラー費用比較
  2. 頭皮に優しい白髪染めは「ヘアカラートリートメント」
  3. カラートリートメントのコストパフォーマンス

市販のヘアカラー製品がだんぜんお得!なんだけれど、危険度もUP

美容室でのヘアカラーの相場

ショートヘア・・・・・・8,000円程度
セミロングやロング・・・10,000円前後

 

市販の2剤式ヘアカラーは、美容室で使われているものとほとんど変わりませんが、2,000円前後で購入することができますね。

 

市販のものを使うほうが、だんぜん断然おトク!と感じますね。

 

でも、ジアミン系薬剤と脱色剤を使った2剤式のヘアカラー(酸化染毛剤)は、深刻なアレルギー症状を引き起こす可能性がある劇薬です。

 

知識と技術を持っている美容師さんが扱うほうが、危険度は下がるし仕上がりも格段に良いわけです。

アレルギー、抜け毛、薄毛!2剤式ヘアカラーは確実に髪と頭皮を傷めつけます

アレルギーは、「今まで問題なく使えていた」という人にも突然現れます。

 

そして、その反応は一生続きます。

 

2剤式のヘアカラーで少しでもかぶれたことがある人は、今後は絶対に使ってはいけません

 

それでも、白髪染めをしたい、しなければならない、という人におすすめなのが頭皮に優しい白髪染め「ヘアカラートリートメント」です。

 

ヘアカラー(酸化染毛剤)は、キューティクルを開きタンパク質を分解して元からあるメラニン色素を脱色し、化学染料を入れます。

 

ヘアカラートリートメントは天然由来の植物染料で髪の表面に徐々に色を着けていくので、髪にも地肌にも負担がかかりません

 

ヘアカラートリートメントを使った方がいい人
  • アレルギーが心配な人
  • ヘアカラーを繰り返して髪がひどく傷んでしまった人
  • 抜け毛が増えて薄毛が気になる人

自分で染める「ヘアカラートリートメント」がいちばんお得な理由

ヘアカラートリートメントの1本あたりの金額は2,000円〜3,000円位です。

 

最初の2〜3日は、染料が安定するまで連続して使う必要があります。

 

いったん色が落ち着けば1週間〜10日に一度の使用でいいので、美容室で染めるよりはかなりお得です。

 

ヘアカラートリートメントの特徴

容量 200〜300g
色持ち 5〜10日
月間のコスト 平均750円〜1,000円位

※髪の長さや量によって変わります。

 

 

髪のタンパク質を破壊しないで色を着ける「ヘアマニキュア」をメニューに掲げている美容室もありますが、費用は通常のヘアカラーとほぼ同じです。

 

また、美容室でヘアカラーと同時にトリートメントを勧められることがあり、費用は3,000円くらいです。

 

キューティクルをコーティングすることで、ツヤを出して色持ちを良くする効果はありますが、これは一時的なもので髪が健康になるわけではありません

 

美容室で白髪染めとトリートメントを行なえば、ほぼ10,000円を超えてしまいます。

 

これが2か月持つとして、市販のカラートリートメントは月間1,000円×2=2,000円。

 

髪と頭皮に優しい白髪染め「ヘアカラートリートメント」は、美容室での白髪染めに比べて格段に安くて、安全なのですね。

 

最近では、ジアミン系薬剤を含まない半永久染毛料を使った白髪染めを行なう美容室も増えました。

 

でも、まだまだ主流は2剤式の永久染毛剤です。

 

どちらにしても、プロの技術料を加えるとショートヘアでも8,000円はかかるとみていいでしょう。

 

自宅で行なう「ヘアカラートリートメント」のひと月あたりの平均コストは安くて750円前後、高くても1,000〜1,200円程度です。

 

店頭で買えるもの、通販限定のものを含めて、多種多様なヘアカラートリートメントは販売されています。

 

自分に合うものを見つけたら、そのヘアカラートリートメントを続けていくのがいちばん賢い白髪染め方法です。